スポンサードリンク

2008年5月29日木曜日

薬液注入装置


薬液注入装置では、次亜塩素酸ナトリウム溶液による殺菌が一般的で、最も効果があると言われています。

厚生労働省よりのレジオネラ症防止指針でも、殺菌装置は塩素によるものを推奨しています。

この薬液注入装置では、タンクとポンプが一体になっているものが多く、タンク容量25L~100Lくらいまでだとほとんど一体型です。

もっと容量の大きいものや、吐出し量の多いものだと、タンクとポンプは分ける機種もあります。
次亜塩素酸ナトリウム溶液は業務用の20L入りがあるので、それを使用するといいでしょう。
残留塩素測定器もお忘れなく。(後の管理で必要です)